自分のあだ名について

私は自分の事をいつも猫とアピールしているので、周りの人の多くは私の事を猫とか猫さんと呼びます。

東北地方の人は猫の事をぬこと呼ぶらしく、ぬことかぬこ殿と呼びます。

でも、たまに私の事を狸とか狸猫とか、猫婆、老猫とか呼ぶ輩もいます。

42歳で婆とか老とか付ける人の神経がわかりません。

しっかりアンチエイジング対策をしているのに、とても評価が厳しいみたいです。

あだ名って、どんどん呼び方が拡散していくので大変です。

猫で統一したいと思っているのですが、なかなかまとめるのが難しいです。

猫といったらあまりにも漠然としすぎているので、そうやっていろいろな語尾を付けてみるのでしょうか?
せめて美猫とか、端麗猫とかもっと洒落た呼び名があると思うのですが、どうまとめていいのかわかりません。

でも猫って一文字の方が書きやすくて呼びやすいし、キャラ的にも猫みたいな性格で猫みたいな顔つきっていう事がすごくわかりやすいと思うのです。

これからも猫の人生をまっとうしていきたいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です