小心者の私

昨今アベノミクスとやらで、株価は八千円台から一万五千円台まで急していると各種メディアで騒がれています。
しかし、私は株式投資で儲かったことがありません。

単純にまだ何も買っていないからだけですが。
証券口座は昨年総選挙後に友人の勧めでいくつか開設したのですが、その後は埃をかぶって休眠口座になっています。
そうです、私はただ上がっていく株価を何もしないで見ていただけでした。

では、なぜ見ていただけなのでしょう。
株式投資を始めるにあたって、儲けたいという気持ちはもちろんあります。
しかし、それ以上に損したくないという気持ちのほうが大きいのでしょう。

「私が労働で稼いだ金をびた一文失いたくない。」

おそらく気持ちの根底にこんなことがあるのかもしれません。

私自身勤め人なので贅沢をしなければ生活は給料の範囲で何とかなりますし、給料丸々使わなくとも生活できるのにです。
本当に生地がないのか、全然前に進めません。

この前の日経平均が千円以上暴落のニュースを聞いたとき、株式投資してなくてよかったと心底胸をなでおろしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です